スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天元突破グレンラガン

GAINAXが単独でアニメーション制作をした初のTVアニメ作品。
幼女に絶大な人気のある『yes!プリキュア5』の裏番組にあたることから、視聴率をはじめ人気の低迷が心配されたこともあったが、内容が高く評価され、そして裏番組の支持層との明確な棲み分けが成功したことにより、大人のアニメファンを中心に非常に高い人気を得ることとなった。
タイトルの「天元」とは、囲碁の用語で碁盤の中央を指す。つまり中央突破、王道路線を念頭に置いたタイトルである。監督である今石洋之の「ドリル」を念頭に置いた原案、基本設定と構成から、脚本の中島かずきが『進化と宇宙での象徴である螺旋』というテーマに乗せ、一人の男の成長劇と、生命と宇宙の進化を描いた巨大ロボット作品となっている。今作で登場するロボットは全編通して『ガンメン』と称され、顔を中心に手足が付属するという、過去に存在した魔動王・魔神英雄伝等に見られる比較的マイナー部類のデザイン系統を採用している。
スポンサーサイト

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。